人気ブログランキング |

見ても何にもためにならない写真日記だよ


by toushirouEX
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 さて風の花祭り会場のまどが浜公園は国道135号線沿いの下田湾を埋め立てて造られた公園で駐車場も完備しており車でのアクセスも良好。

今日は日曜ではあるがまだ時間も早く案内所も開いていないくらいなので見物客はあまりおらず直射日光もあまり強くないし風もないので撮影をするには絶好と思われたのだが。
会場内では芝生に市内の小学校、幼稚園単位で色とりどりの風車を組み合わせてモニュメントが作られており日の光を浴びてキラキラと美しい。
さあて始めるかとカメラを携えて会場内をきょろきょろと物色・・・ん~?  固まった。  

その時どんなことを考えていたかというと

①ひきで撮るとただ風車がたくさん写っているだけで単なる「こんなのやってました」っていうスナップになっちゃうじゃん
e0132718_1024277.jpg

②背景になる景色は道路沿いのホテルと走っているクルマ、反対側は駐車場か海。それじゃ海を背景にするしかないかなぁ(でも逆光だしな)
e0132718_1042837.jpg

e0132718_105877.jpg

③それじゃ寄って風車が規則正しく並んでいるパターンを撮ってみるか・・でもアングルがむずかしいなぁ
e0132718_107047.jpg

④あれ!風がないから風車がろくに回ってない。回ってないと風車らしくないよね
⑤少し風がきて緩く回り始めたけど光線が強すぎていくら絞ってもシャッタースピード落とせないよぉ むやみに絞りゃいいってもんじゃないだろうし・・・NDフィルターなんかないし
e0132718_1083632.jpg

⑥そもそも風車を主役にしようっていうのが無理があるのかなぁ 
⑦もしかしてこの場合、風車は鍋料理の春菊か白菜でやっぱり鍋の主役の肉や魚にはなれない・・・とすると主役はやっぱり人間?・・・あれ、あんまり人がいないよお!
e0132718_1094228.jpg

⑧もう少し条件が良くなるまで待ってみようかな でもあんまり広くもない会場内をいつまでもカメラを持ってふらふらとしゃがんだり背伸びしたり怪しい行動のおじさんがいたら変だよなぁ
e0132718_10104664.jpg

e0132718_10111282.jpg

なんていう訳で会場をしばらくフラフラしていましたが生来あんまり辛抱強い方ではないので風車とは関係ない写真なんかも撮ってすごすごと撤収。(ああ、今日もダメだった)
e0132718_101212.jpg


今日の教訓

事前のイメージ作りはやっぱり大切
状況の変化に対応できる臨機応変な柔らか頭をもとう。
シャッターチャンスはいつか来るから「人間、辛抱だ!」
怪しい奴と思われてもいいから粘れ
でもやっぱり場数、経験値が大切だな
by toushirouEX | 2008-03-26 23:57 | ちいさな旅
河津から海沿いの道に出ると下田まではおよそ15キロ。左に海を見ながらのお気に入りの道だ。このあたりの海岸は砂浜と荒々しい岩が次々と現れ海底が砂の部分は日本とは思えないようなトロピカルな海の色になる。伊豆白浜海岸は今日もサーファーでいっぱい。この季節みんな黒いウェットスーツを着ているので遠目に見ると海岸にアシカやアザラシがたくさんいるようにも見える。


e0132718_0471364.jpg

やっぱり先に須崎に寄ってみよう!須崎漁港は御用邸のある須崎半島の先端で下田湾の手前を左折、くねくねした道をしばらく進む。高台を走っていた道から一気に坂道を下ると須崎漁港だ。

e0132718_050876.jpg
須崎はもともとイセエビやアワビなどの刺し網漁、カジキマグロの突きん棒漁、カツオやブリ、キンメなど様々な漁がおこなわれている小さな港だが30年ほど前から南伊豆有数の釣り船の基地になっており数多くの船宿が狭い丘沿いの斜面に民宿を併営している。

e0132718_048244.jpg


以前は春のマダイ、初夏のイサキやカツオ、ヒラマサ、秋のワラサ・ブリ、冬のカサゴやヒラメなど四季折々のターゲットを求めて多くの釣り人が広場の駐車場に入りきれないほど詰めかけていたが景気が悪くなった今はその面影もなく今日は日曜だというのに駐車場はガラガラ状態で出船していない船もかなり見られる。

e0132718_0534326.jpg


かく言う僕も昔はここにも通いつめて年中サカナを追っていた。釣りから上がってくると客は船宿に向かう。そこではおかみさんが軽い昼食を用意してくれてあってそれをごちそうになりながら客同士釣り談義に花を咲かせる。しばらくすると船を片づけた船長も帰ってきてさらに話が盛り上がる。おかみさんが港の横の磯だまりから採ってきた磯もの(小さな貝や海藻)などで旨い味噌汁を作ってくれたり釣果が悪い人には残念賞といっておみやげの干物をくれたりとっても温かい場所だった。(今でもそうです)
e0132718_0551059.jpg
こんなことを書いていたらまた久しぶりに釣りに行ってみたくなってきてしいました。

とにかく南伊豆の人たちの気質はおおらかでとてもフレンドリー。
港に着いてとりあえず高台から港の全景を撮ろうと階段を上っていくとおっちゃんが階段を下ってくる。
「おはようございま~す」とあいさつすると「おっ、カメラマン。どっから来たの?」
「いやぁ。すぐ近くの韮山からですよ」 「おお、そうけえ。いい写真とってくれよお!」などという具合でとても温かい。
小一時間いろいろと撮りながらいよいよ風の花祭り会場に向かうことにした。

つづく























e0132718_0562448.jpg








































e0132718_0585699.jpg

e0132718_0592429.jpg

e0132718_151299.jpg







































e0132718_1305157.jpg

by toushirouEX | 2008-03-25 01:05 | ちいさな旅
金曜日夜のローカルニュースで下田まどが浜公園で「風の花祭り」というイベントが行われていることを知った。海辺の広場でたくさんの色とりどりの風車が回っていた。普段あまりないことなのだがこのニュースを見た途端「行ってみたい」と感じさっそく計画を考えていた。

春の日曜は道も混むだろうから早朝出発でササッと写真を撮って昼には帰宅かな、どうせ下田に行くのならついでに須崎にも寄ってみようか、帰りに温泉に寄ってみるのもいいかもしれない・・・でも本当に実行できるだろうか、それにしてもなぜ行きたいと思ったんだろう・・・風車の写真か・・・どういう画にしていいかイメージが全然湧かない・・・等々。まあ、行くか行かないかは当日の朝決めればいいか。
e0132718_0383282.jpg
そして当日の朝6時に目が覚めた。予想に反して天気は上々。よし行こう!
家の隣のコンビニでおにぎりを購入、7時に出発した。それにしても風車をどうやって画にするかさっぱりわからない、今の僕にとっては難しすぎる素材だよななどと車中考えていた。

天城越えの道で下田までおよそ1時間30分、途中河津川沿いを走る。ついこの間までピンクに染まっていた堤防の桜並木も今は緑の並木に様変わりし季節が物凄い勢いで回り始めていることを感じさせてくれる。

自宅から下田、南伊豆へつながるこの道は僕にとっては走り慣れた懐かしい道だ。10年ほど前まで僕は船釣りに狂っていて月に2~3度はこの道を通り下田須崎港や南伊豆の港に通っていたので次のカーブの先はどのようになっているかどの程度のブレーキを踏めばいいのか体が自然に反応してくれて運転していても気持ちがいい。

天城越えして河津川沿いの道も伊豆急行の線路の下をくぐると間もなくつき当たりの三叉路交差点、海沿いの国道135号線に出る。ここの交差点で初めて海が視界に入ってくる。「帰って来た」そんな感情が生まれてくるのはなぜだろう?もしかしたら僕の中には海のDNAが埋め込まれているのかもしれない。

つづく
by toushirouEX | 2008-03-24 23:36 | ちいさな旅

春は2ndステージに

春の深まりが急である。

①今日は朝から空の方が騒がしい。上空からたくさんの鳥の鳴き声が聞こえてくるのだがその姿がはっきり見えず目を凝らしてみる、するとおびただしい数のツバメがかなり高い所でグルグルと旋回していることがわかった。半年ぶりのご無沙汰でしたおかえりなさい。
②静岡でもソメイヨシニの開花宣言が出た。
③花が散った梅に実がつき始めた。

e0132718_18113839.jpg


④6月になると美味しい実のなるプラムに真っ白な花が咲いた。

e0132718_18122217.jpg


⑤モミジに新芽が芽吹いた。

e0132718_18125165.jpg


⑥ユキヤナギが満開である。

e0132718_18132997.jpg

⑦ハナスオウに蕾ができアジサイにも緑鮮やかな新芽、生垣のベニアカネモチにも赤い新芽

⑧田んぼではトラクターが土を起こし空ではヒバリが鳴き出した。

e0132718_18141573.jpg



春のスイッチが入った途端すごいスピードですべてが動き出したようだ。
by toushirouEX | 2008-03-22 22:17 | 日常

暑さ寒さも・・

 昨日は彼岸の中日。本来ならお墓参りに行かなければいけないのだがあまりの雨の強さと寒さに負けて日延べさせてもらいました。

 ということで天気も回復した今日の昼休み、散歩かたがたお参りに行って来た。お寺の檀家の役員を努めている関係で寺にはよく足を運ぶが前回2週間ばかり前に行った時とはずいぶんと様子が変わってきているようだ。
e0132718_1819589.jpg

 日差しも明るくなり墓地裏の堤防の斜面にもきれいな緑が顔をのぞかせている。何よりそれぞれのお墓に手向けられた色とりどりの生花がとても華やかで明るい雰囲気を作り出し確実に春が来たことを知らせているようだ。

 そういえば庭にあるプラムの木が昼休みに見たら真っ白な花を何輪も咲かせているのを見つけた。朝、10時ころ見た時には全くその気配は見えなかったが・・ 明日撮ってみよう。

確実に春です。
by toushirouEX | 2008-03-21 18:20 | 日常

HAPPYな一日

今日はウチで働いてくれているスタッフの結婚式。絶好の天気に恵まれまさに結婚式日和。

 でも、憂鬱なことが一つ・・・スピーチを頼まれていたことをすっかり忘れていた。それも新婦側の主賓の挨拶。招待状をもらった時に「はいはい」と気楽に答えたらしいのだがその記憶が全く欠如してしまっていて昨日になって念のため招待状を確認したところ短冊が入っていて大慌て確実にアルツが進行しているらしい。
 
 でも最近は僕もだいぶ図々しくなっているようであせって前日に考えたところできっと内容を忘れてしまうだろうし披露宴も親戚やごく親しい友人だけのこじんまりしたものという気楽さもあって本番の30分前に考えることにした(本当に失礼な奴です)。

 会場は中伊豆にある野球で有名なシダックスが経営する「ワイナリーヒル シャトーTS」という高原の葡萄畑に囲まれたとても素敵な場所で結婚式は1日1組だけしか行われず料理もワインも美味しい。スピーチさえ終わってしまえば天国のようなところである。

 さて、スピーチを行うにあたって考えた作戦は次の3点。
①お祝いの気持ちを伝える手短なスピーチ
②教訓じみた事は言わない
③新婦の人となりが分かってもらえるエピソードを1つだけ入れる。

結婚式にも参列し披露宴までの待ち時間に白ワイン2杯ほどいただきいい気分になったところで熟考開始。何となくイメージが湧いてきたがうまくまとまらず。ウーンと唸っているうちにいよいよ披露宴が始まった。

まず新郎側の主賓の挨拶が始まった。それぞれの主賓はライバルみたいのものだからここで素晴らしいスピーチを聞かされるとかなり焦る。どんなスピーチかな?

 お!!この方、新郎新婦とご両親を起立させたままスピーチしている。かなり上がっているのかな。内容もなんか教訓くさいことばかりだし長いな。となれば後攻の僕が「本日は・・・・誠におめでとうございます。どうぞご着席ください。」と行けばそこの配慮だけで僕が有利に立てるななどと訳のわからない算段をしてみた。

 さていよいよ新婦側の僕の番が来た。案外リラックスできている。うまくいくかも。

 結果思いのほか上手くいきました。後での評判も上々だったみたい。よかったよかった。その後はワインもたくさんいただいたし料理も美味しゅうございました。みんな楽しくまことにHAPPYな1日でした。
e0132718_1594414.jpg

by toushirouEX | 2008-03-15 23:58 | 日常

春らしい夕暮れ

 今日の休日は4月から一人暮らしを始める長女の電化製品を物色してきた。

 第一志望ではなかったが大学は京都のR大に決まり、今週初めキャンパスを見学し住まいも決めて来た。感想を聞いてみると自分の想像以上に大学も素晴らしく街も気に入ったとのことで親としてはホッとしている。きっと東京より京都の方が彼女には向いていたんだろうな。

 住まいは堀川四条近く、東京では考えられないくらいの街のど真ん中だ。錦市場も近く 親父が訪ねて行っても吞屋には不自由しない場所で本当によかった。

 そんなことで気分的には少々寂しくなりそうだがひと安心。夕方河原に出て塒に帰るサギや川鵜を狙ってみた。
春らしく薄雲のかかった夕焼けは真冬のような鮮烈なオレンジではないもののとてもきれいだったがいい写真は撮れず。まあこれからもいくらでもチャンスはあるから気にしないことにしよう。
e0132718_23521820.jpg


e0132718_2352451.jpg

by toushirouEX | 2008-03-13 23:52 | 日常

富士山が空に浮く日

今日は気温も高くまさしく春、汗ばむほどの日和だった。こんな日は富士山が空に浮く。

e0132718_18252692.jpg

当然のことであるが実際に浮くわけはないのだが春霞の中で麓の方が周囲の青がかった色に同化してしまい雪をかぶった部分だけが見え、まるで富士山が空に浮きあがって一段と高くそびえているように感じる。富士山を毎日見ながら生きてきた僕はこんな日に出会うと「春だなぁ」と感じる。
e0132718_18254713.jpg

by toushirouEX | 2008-03-12 18:32 | 日常

ウグイスが来た

 昨日の日記にも書いたが先週後半からバタバタとしていてネットにろくにアクセスしていなかった。その間も写真は撮っていたのだがアップもままならずここまで来てしまった。

 僕の住む伊豆北部は今週の前半、寒の戻りがあり午前中はよい天気でも午後から急に冷たい空気が入り曇って雨が降るような天候が続いた。それでも木曜以降は再び春の陽気に戻るというまさに三寒四温というような気候だった。
e0132718_0294373.jpg


 その寒い日の昼休み、裏の狩野川堤防を散歩していると ケッ ケキョ ケキョ というウグイスの初鳴きが聞こえてきた。まだあまり上手な鳴き方ではなかったが春が近付いていることが感じられた日であった。
e0132718_029784.jpg


 その2日後の金曜日の朝、庭から江戸屋猫八さんのウグイスの鳴き真似がスピーカーを通して大音量で聞こえて来た・・・ように感じた。庭に出て声のする方を見ても誰もいない。声は庭のユズの木の方から聞こえてくる。・・・本物?
それにしても見事なウグイスの鳴き声だ。ホーホーーホケキョ ケキョケキョ ホーホケキョ    うまい!名人芸!
目を凝らして木々の間をよく見ていると確かに鳥がちょこちょこうごいているのが見える。本物のウグイスだった。ここ何年かの記憶の中で庭でウグイスの鳴いているところに出会ったことはなかったので今年はラッキーだったのかもしれない。散々粘ってどうにかその姿を撮ることもできた。ただしコンデジだったので思い切り拡大トリミングした写真になってしまったが。
e0132718_0301586.jpg

大きさは見慣れているメジロより2回りほど大きめで色は若干緑がかった褐色、やはりメジロの方が数段美人(美鳥)だと思う。
 それにしても至近距離で聞くとウグイスというのはすごく大きな声で鳴く鳥だ。ちょっと君、ウルサイよ!というくらいの感じで鳴いている。

とにかく確実に春を感じた日であった。
by toushirouEX | 2008-03-08 22:26 | 日常

苦難の連続

 先週の木曜日(28日)に新しいノートPCが届いた。 

e0132718_1920515.jpg この春から長女が大学生になり一人暮らしを始める(と思う)が今や大学生にはPCが必需品なのだそうだ。授業の予定の変更やらレポート提出やらネットを介して行われているらしい。

 そこで娘にも専用のPCが必要になるわけだが今新しいPCのOSはは基本的にVISTAになっている。僕はVISTAのマシンを使ったことがないのでもし娘から使い方のSOSが来ても対応することはまず不可能と思われる。そこで今僕が使っているノートPCを娘に譲り渡し僕が新しいPCを手に入れるというプランを思いついた。今までの僕のノートPCはモバイル機能に徹していたので通常の使用には問題ないとしてもSILKYを使って写真の現像となると能力的にはかなりキビシイ状態だったのでこれを機会にハイスペックのPCを手にすれば僕はHAPPY,僕のサポートを受けられる娘もHAPPY、一挙両得というものだろう。 

 ということで娘の大学準備資金を使って僕がせしめた新ノートPCはCoreDuo7500(2.2GHz).メモリー4GHzという今までに比べるとモンスターのようなマシン。これが先週河津桜の撮影から戻った午後、家に届いていた。DELLさんが頑張って予定よりずいぶんと早い到着だった。嬉しさのあまりニヤニヤしていることを家族に悟られないよう平静を装って梱包を解きさっそく嬉々としてセットアップに取り掛かったのだがこれが苦難の始まりになるとは予想もしていなかった。 

 新しいものが来るとよせばいいのにいろいろとイジリたくなってしまうのが僕の性なのかあれはどうなっているのか、これはどうすればいいのかとあれこれいじりまわすうちに新しいPCの調子が悪くなっていく。気がついたころにはシステム不調の泥沼にどっぷりはまりこんでいた。
 連日ベソをかきながらああでもないこうでもないと午前3時近くまで安堵と絶望を繰り返しながら睡眠不足とも闘いながらどうにかなってきたのが今週水曜日。


今日あたりからそろそろ今までの生活に戻れそうです。
by toushirouEX | 2008-03-07 19:21 | 日常