人気ブログランキング |

見ても何にもためにならない写真日記だよ


by toushirouEX
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

屋上ワンダーランド

e0132718_17394593.jpg


 夕方から友人と飲むことになり静岡まで出かけた。

 僕の家から静岡までは私鉄と新幹線を乗り継いで1時間ほどかかるのだが今日は仕事がらみではないし仕事も休みの日であったので新幹線は使わず東海道線に乗りのんびりと本を読んだリ車窓からの景色を眺めたりしながらの小さな旅を楽しむことができた。

 ところで先日読んだ東海林さだおさんのエッセー『誰だってズルしたい!』の中で東海林さんは世の中にある《ズル》を基本的に『大ズル・中ズル・小ズル』の3つに分類していた。
 ボクは先ほど自宅から静岡駅までの距離を1時間と書いたが正確には乗車時間は私鉄が20分、新幹線が26分で合計46分であるのだが乗り継ぎを含め大まかに1時間と書いた。これを45分とか40分などと言っていかにも自分の住まいが大きい街の近くにあるかのように言ってしまうのは『小ズル』に分類されるのだそうだ。同じく地方に旅をした時など「お客さんはどちらからいらっしゃいました?」などと聞かれた時、本当は船橋に住んでいるのに「東京からです。」などと答えるのも同じく『小ズル』である。

 話がそれてしまったが・・静岡に着いたのだが待ち合わせの時間まで1時間以上余裕があったので何か時間つぶしをしなければならなかった。さて、どうしようか。いつもならとりあえずライオンにでも寄ってビールを1杯やるのだが今日の目的は飲み会である。だから仲間と会って最初の1杯、「ふぁ~旨い!!」を大事にしたいので今日はそれは控えて・・・結局デパートの屋上に行ってみることにした。

 デパートの屋上などというところにはこの何十年行ったことがない。おそらく同年代のみなさんもそうだろうと思う。

 子供の頃、親に連れられてデパートに買い物に出かけたとき唯一の楽しみはおもちゃ売り場と屋上遊園地、それから最上階の大食堂だったという方も多いのではないだろうか。その頃どこのデパートでも屋上には遊園地があって30円や50円?で乗ることができる機関車や小さな観覧車、上下左右に動く乗り物などいろいろな遊具やソフトクリームや綿菓子、ガラスのドームの中でいかにも着色料一杯のオレンジジュースが噴水のように噴出しながら循環している売店などがあるワンダーランドでデパートに入った途端もう気持はわくわくしていたことを思い出す。

 しかし、今はそのようなところもほとんどなくなったような話を聞くが何せ屋上などというところに行くことは皆無であるのでその真偽のほどは全くわからない。

 果たして今日上った屋上はな~んにもない。あるのはところどころにビルの外側をむいて置かれているベンチともしかしたらデパートの中で唯一の灰皿くらいのものだった。
 それでも夏場は屋上ビアガーデンになるらしいのだがさすがにまだこの時期はその準備さえ始まっていないようだ。
 僕が登った時にはかなり広い屋上には誰もいない。でも初夏のような屋上には気持のいい風が吹いていて車や人ごみの騒音も遥か下から遠くに小さく聞こえてくるだけの静寂な場所、町の中の別世界、子供の頃とは別の意味のワンダーランドのような気がした。

 ちなみに例えば今はもう無いデパートの大食堂でカレーライスを注文したとする。カレーライスにはラッキョウや福神漬けなどが入った薬味入れが付いてくる。その中には大体10個程度のラッキョウが入っていると何個くらいまで食べてしまうのが普通で何個以上食べると『小ズル』になるかの境界線も微妙なのだそうだ。
by toushirouEX | 2009-04-24 18:41 | 日常

布団も泳ぐ春の風

e0132718_191501.jpg




 僕の家でもかつては鯉のぼりを揚げていたいたが息子たちが大きくなった今、鯉たちは倉庫の中で眠っている。鯉のぼりというのは『薫風』などという言葉が相応しい気持のよい春の季節の恒例の行事なのでそれがないのは少々寂しくなった反面、僕にとっては心配の種がなくなってほっとしているというのが正直なところだ。

 以前にも触れたかもしれないが僕は若かりし頃レーシングクルーザー(外洋型のレース用ヨット)のクルー(乗組員)をしていた。
 風だけを動力にするヨットのセール(帆)、特にレース艇のものは非常に大きくレース日和というような日(鯉のぼりが元気よくはためくくらいの5メートルから7メートルくらいの風速)にはそこに数トンの力が加わっている。レース中、追い風用のスピンネーカーというセールに交換する時などマストマンといわれる役割のクルーは皮製の手袋をはめマストの下に立ち一瞬のタイミングでハリヤードといわれるセールを上げるためのロープを全力で引き新しいセールをあげる。そのタイミングが狂ったりすれば上げかけのセールは瞬時に数トンの力をもった風をはらみ艇はたちまちコントロールを失い横倒しになってしまったり競い合っている他の艇に衝突して人命にかかわるような事故を起こしてしまうこともあるし、ロープが手や足に絡まりでもすれば簡単に手が引きちぎられてしまう。だからヨットレースというのはある意味命がけの遊びなのである。

 そんな生活を何年も続けてきたので陸に上がった今でも風のパワー、恐ろしさが染み付いてしまった僕は風に対して非常に敏感で自分の家で鯉のぼりを上げていると風の向きや強さがいつも気になって仕事に集中できなくなってしまう。

 5月という季節は案外強い風が吹く季節でその方向もくるくると目まぐるしく変化する。その日吹く風の方向や強さを予想し適切にロープの張り加減を調整しておかないと鯉のぼりが竿に巻きついてしまって強風の中、下ろすに下ろせず竿や鯉のぼり自体を破損してしまうなどということもあり得るのでその当時は僕はまこの季節毎日気が気ではなかったのだ。

 他人からするとそんなに気を使わなくてもいいのにと思うかもしれないが本当に風の怖さを知っている僕にとってはそれは大変なことだった。

 今日もお向かいの家では元気よく鯉が泳いでいる。それが仕事場の窓からよく見えるのだが他人のものであっても風の向きが変わったり風速が上がったりすると僕の心中は穏やかではない。



今日の写真は何とかして勢いよく泳ぐ鯉のぼりのはためきを表現したかった。しかし晴天、真昼の光の中ではSSが1600などという数値になってしまい動きが止まってしまう。そこでPower Shot G9のNDフィルター機能を使ってみたらどうにか1/60くらいのSSを得ることができた。
by toushirouEX | 2009-04-20 19:16 | 日常

新緑

e0132718_6461295.jpg



 先日の日曜日、朝からの初夏のような日差しが「今日はいい1日になるよ」と約束してくれているようだったのだが僕には何の予定も入っていなかった。

 家内や子供たちはそれぞれ出かける用事があるようで、それではオヤジは今日1日をどう過ごそうかと僕の日曜恒例の味噌汁と少しばかりの野菜だけの朝食をとりながら考えていた。

 昨年の秋からのダイエットで正月には13キロばかり痩せることができ今はそのラインをキープしようとしているのだがそのためにはやはり少しばかりの努力が必要な様で休みの日には『プチ断食』と称して極力特に炭水化物を取らないようにしているのだ。

 さて、そこで思いついたのは・・・普段車で走っている道を徒歩で歩いてみよう。どこに行くか・・・ただ歩くだけではつまらないので何か目標を作らなければ。
 そして今日のテーマは『沼津駅まで歩いて駅前のライオンでビールを飲もう!』

 我が家から沼津駅まではおよそ14-5キロ、クルマや電車では25分くらいというところか。途中で休憩を入れても3時間ちょっとで着くだろうということで9時過ぎに出発した。
 普段車で通り慣れた道でもゆっくり歩いてみると今まで気づかなかったいろいろなものが見えることは良くあることなのでそれを期待して普段の目線と同じになるように近道はせず同じ道をしかも車と同じ道路の左側を忠実に歩いてみる。

 僕の歩速はだいたい時速5キロ。背中から日の光を受けるので結構熱くなる。途中以前から気になっていた店の前を通る。その店(事務所?)の看板には「正商トチ」。いったいどんな商売なんだろう?しばらくその前で事務所の様子を観察してみたのだが結局やはり不明のまま通過した。

 クルマではなんとなく通過してしまう集合広告看板なども立ち止まってじっくり見てみるとなかなか興味深いものもある。なんとなく通過していたマンション、名前が初めて分かった。ああ!あの人ここに住んでいるんだ。なんとなく通過していた小さな橋、お!結構きれいな水がたくさん流れているんだな。なんとなく通過していた飲食店街、この店なかなかよさそうだな、今度寄ってみよう。などとそれなりに新しい発見をして予定通り3時間で沼津駅に到着。
 いやあ、くだらない暇つぶしではあるのだがそれはそれで結構面白いのが散歩というものなんだろうなあと思う。いつも持ち歩いている万歩計によるとここまでの歩数は2万1千歩、消費カロリーは約1000Kcal。
その後予定通りライオンに寄って生ビール2杯とカツオのたたきその他を食べて大満足で電車に乗って帰宅しました。

 でもせっかく消費したカロリーはビールその他でほとんどプラマイ0でありました(笑)


e0132718_824576.jpg


by toushirouEX | 2009-04-16 06:57 | お散歩もの

我が家の庭は春の色

 我が家の庭は春真っ盛り。

それぞれの木や花が春を主張している。
普段は葉を茂らせて少しばかり厄介者のハナズオウはど派手なマゼンダ色の花をつけ1年に1度だけの庭の主役の座を狙っているし紅葉は赤みがある新芽を開き出し5月の緑の女王を狙っている。生垣のレッドロビンは早くも真っ赤なピカピカの葉を茂らせカイドウは目立たないところでそれなりの自己主張をしている。春の兆し1番手だった梅は早くも小さな実をつけ緑の葉を茂らそうと頑張って切る。

そんな木や花を漠然と撮ってみました。



e0132718_15504582.jpg



e0132718_15512174.jpg




e0132718_15515740.jpg



e0132718_15521764.jpg



e0132718_1631296.jpg



e0132718_1552436.jpg




e0132718_1553791.jpg

by toushirouEX | 2009-04-08 15:56 | 日常

サクラも苦手

 この季節になると皆さんの撮った桜の写真をたくさん見ることができる。
 僕はというと・・・桜の写真は撮らないわけではないが正直苦手で自分の写真を見ていると「何でこんなにセンスがないんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまう。
 実は紅葉の写真も同様でこれらの2つの時期は僕にとって鬼門なのである。

 でも、僕も日本人であるので桜も紅葉も大好きなことには変わりがないのでなんとかこのコンプレックスを打破しようと自分の中でいいなあと思う桜のある風景を思い描いてみた。
 すると僕の中の桜は遠くの山に霞がかかったようにポツンポツンと白っぽく見えるヤマザクラ。

 よし、今年はそれにチャレンジしてみましょう。

e0132718_1723641.jpg



e0132718_1733142.jpg



e0132718_177456.jpg



こんな写真をあまり気合いを入れずにお散歩がてら撮ってみました。でも散歩をしているとあれもこれも撮ってみたくなるのが常。他にも何枚か。


e0132718_17104637.jpg



e0132718_17113195.jpg



 さらにやはりお決まりの写真なども撮ってしまったりもする。

e0132718_17332616.jpg



e0132718_17335426.jpg




e0132718_17343517.jpg

by toushirouEX | 2009-04-06 17:35 | お散歩もの